mo! もあざん

当ブログは新米作家馬場貴生のブログを使った自分メディアです。ものづくりの中からの発見などを通じて、僕自身がステップアップしていくさまを発信していきたいと思います。

*

特撮:ウルトラセブン最終回にみる、セブンがいつまでも愛される理由。

      2014/03/03

ウルトラセブンは、ウルトラシリーズになかでも特に人気の高い番組の一つです。

その理由は様々考えられますが、今回は最終回に当たる第48話・49話「史上最大の侵略 前・後編」から、その辺りを読み取って見たいと思います。

20130307_ultraseven_120130307_ultraseven_2

あらすじ

物語冒頭、すでにダンは満身創痍。ウルトラセブンとして戦ってきたこれまでのダメージが蓄積し、ダンの体に著しい変調をきたしていた。

次に戦ったら命は危ないとセブン上司に諭されるも、地球を守れるのは自分しかいないと、身体を酷使するダン。

折しもゴース星人が、地球に飛来。

ゴース星人は地球が地下からの攻撃に対して無防備な点を利用し、地下に秘密基地を作り、地下からの攻撃で地球制服を企んだ。
ダンは出撃するも、ウルトラ警備隊の任務も全うできないほどに弱っている。

任務をことごとく失敗し、ゴース星人が連れて来た双頭怪獣パンドンを辛くも倒すが、ダンは重体に陥る。

ダンは治療の折に宇宙人であることがばれるのを防ぐため、ひそかに基地を脱出。

ゴース星人は降伏に応じない世界の主要都市を攻撃。残るは東京のみとなる。
防衛軍はようやく地下のゴース星人基地を発見。爆破するも、一部がロボット化した改造パンドンが出現。

一方ダンはアンヌに発見され、自らの正体を明かす。
そして次の戦いが最後だと別れを告げ、アンヌの制止を振り切ってウルトラセブンへと変身する。

かくしてウルトラセブンの最後の戦いが始まり、セブンは苦戦しながらも勝利し、ウルトラ警備隊の面々が見守る中、宇宙の彼方へ、帰っていく。

 

20130307_ultraseven_320130307_ultraseven_5

ウルトラセブンが出した答え

ダンが自分の正体をアンヌに明かした時、アンヌは「人間であろうと宇宙人であろうと、ダンはダンに変わりはないじゃない。たとえウルトラセブンでも」と笑いかけます。

ウルトラセブンは、宇宙からの侵略者と戦うドラマでした。いうなれば異文化間のギャップです。

それを受け入れるか、拒むのか。時折そう言う問題提起がなされるエピソードもありました。

そういったドラマを展開してきての上記のアンヌのセリフは非常に希望の持てるセリフです。

番組の集大成とも言えるセリフで、そしてこれはダンとアンヌと言う男女間のセリフでもあり、ロマンチック且つ、別れを前提としてシーンでもあり悲しくもあります。

20130307_ultraseven_8

 

セブンは満身創痍で地球を去った。

最後の戦いに勝ったセブンは、もはや立っていることもままならないほどにフラフラです。

ふらふらと立ち上がる様は見ていて痛々しい程です。

数多くあるウルトラシリーズの中でも、ここまで満身創痍で最終回を迎えるのはセブンのみです。

この姿に、子供たちは「セブンはこんなになってまで地球を守ってくれた」と思ったであろうことは想像に難くありません。
20130307_ultraseven_620130307_ultraseven_7まとめ

宇宙人でありながら、地球人以上に地球を愛したセブン。

かれはまさに傷だらけで故郷へと帰っていきました。

その傷は、もしかすると地球人が受けたかもしれない傷。

そんな彼だからこそ、僕らはセブンを愛し続けるのかなと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 - コラム, 特撮, 表現 , ,

ad

ad

Comment

  1. […] 関連するエントリー 特撮考察:ウルトラマン「故郷は地球」。ウルトラマンはジャミラを救えなかったか? 特撮考察:仮面ライダーオーズで正義の話をしよう。 特撮考察:ウルトラマンに於ける神性。 特撮考察:ウルトラマンは国内SF番組の最後の良心である。 特撮:ウルトラセブン最終回にみる、セブンがいつまでも愛される理由。 […]

コメントを残す

  関連記事

20130310_maitukisinbun_1
読書:佐藤雅彦・著「毎月新聞」日常に潜む、ごく小さな発見が学びにつながる。

佐藤雅彦・著「毎月新聞」は1998年から2002年に渡り、毎日新聞に月一で連載さ …

OZP88_kimyounapose012500
感性を鍛えるための、より具体的な方法を考える。

「感性を鍛える」というと、なんだか長い道程が必要なイメージがある。 いろんなもの …

2013-04-11 20-29_book_1
読書:本谷有希子・著「生きてるだけで、愛。」愛は痛い。

本谷有希子「生きてるだけで、愛。」を読んだ。 あらすじ 主人公・寧子は、コンパで …

2014-04-17 07-06-0001
賢人タモリの「反省しない」哲学。

タモリのすごさというのは「執着しない」ところにあります。 「いいとも」終了にあた …

ぼくはインドに行けないのか。行かないのか。

カレー好きが高じて、インドは長らく憧れの土地となっている。 大槻ケンヂの本で、「 …

a0002_011891
自分の作品が電波に乗って思うこと。

先日僕が書いたラジオドラマが放送された。 単独で電波に乗ったのは初めてだ。 想定 …

2014-05-25 07-19-0001
映画 仮面ライダー鎧武が、片岡愛之助をキャスティングした件w。仮面ライダー金ありすぎ!

片岡愛之助が「劇場版 仮面ライダー鎧武」に出演するそうです。   片岡 …

20130120_1
「何も知らない」から始める作家術。

作家にとって作品にものを言うのは、作家自身の経験です。本人の経験した事こそが、作 …

20130320_masked-rider_1
ブログ:PV数が急に上がって、急に下がる経験をした。何が起こった?

3月にブログの一種の罠と言おうか。 アクセス数が一気に伸びた時期があったのだ。 …

2013-12-07 07-38_1
丸山智子著「だれでも書けるコメディシナリオ教室 DVD付」でコメディの書き方を勉強しよう。

「だれでも書けるコメディシナリオ教室 DVD付」を読んだ。 この本から、創作とい …

特撮:ウルトラセブン最終回にみる、セブンがいつまでも愛される理由。

当ブログは新米作家馬場貴生のブログを使った自分メディアです。ものづくりの中からの発見などを通じて、僕自身がステップアップしていくさまを発信していきたいと思います。

Copyright© mo! もあざん , 2013 All Rights Reserved.