mo! もあざん

当ブログは新米作家馬場貴生のブログを使った自分メディアです。ものづくりの中からの発見などを通じて、僕自身がステップアップしていくさまを発信していきたいと思います。

*

何といわれようとも夢を持つ友人を持った方がいい理由

   

MAX98_kazokugahueruyo20140531500夢を持つ友達は持った方がいいですね!

夢追い人のタカオです。
将来性は抜群です!

つまらないリアリストにはなるな!

僕の世代(30代)って、妙にリアリストが多いんですよ。
子どものころから不況不況といわれていて、そういう中で夢を持つということに関しては淡泊な人が多かった気がします。

僕は子供の頃から漫画家を目指していましたが、それを人に言うと「何言ってるんだ」みたいな反応をされたことは一度や二度じゃなかったです。
妙に「現実を見ろ」といわれ続けました。

僕も奇妙なリアリズムにとらわれて、小学生の頃「漫画家は副業」とか言っていた時期がありましたw
そんなんできるわけないのに。

話がそれましたね。
そう言うことで、子供の頃に「大それた夢は持たない」という選択をしてしまった人は多いようです。

夢を持っている人は、生活が充実している

実は夢を持つということは、リアリズムに何の影響も及ぼさないんですよ。
むしろ、夢を持つことで、現実もより充実したものになります。
しかし、急に夢は持てないですし、昔から夢を追っていて、それに対して、具体的な行動をしている人が身近にいると生活に張りが出ます。

夢に向かって頑張っている人は、日頃からいろんなことをしています。
特に、夢を叶えるために仕事の前や後、自分のために時間をつくっています。

・早起きして英語の勉強をしている。
・どんなに帰りが遅くなっても、勉強だけはする。
・毎日ジムに通っている。
・作家になるために、毎日一定時間創作に費やしている。

それは、時間管理の面で大変参考になると思います。
彼らは、過ぎていく毎日に反応的に生きているわけでなく、「将来こうなりたい」というビジョンに向かて、日々積み重ねている人です。
その姿は、いろんな人に影響を与えると思います。

仕事から帰り、食べて寝るだけという生活を変化させる大きなヒントが彼らの生活に隠れています。

夢を持つ人をまねしよう

例えば夢とは言わないまでも、目標みたいなものはあると思います。
そう言うところに、彼らの生活を少しづつ取り入れていければ、生活はぐんとよくなりますよ!

「家で勉強しなくちゃいけないから、今日は帰る」とか、あなたの急な誘いを断るぐらいの人のほうが、あなたのためになってくれると思いますよ、
そう言う人を見つけてください!

@babarts1979

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 - コラム, ライフハック

ad

ad

コメントを残す

  関連記事

2013-12-08 07-17_3
特撮考察:ウルトラマン「故郷は地球」。ウルトラマンはジャミラを救えなかったか?

ウルトラマンの名エピソード「故郷は地球」を改めて観てみた。 ウルトラマン第23話 …

ちょっと太った件

去年の今頃は毎日走っていて、そのおかげで秋には10キロのマラソンに出て、数か月後 …

作家の価値。発表の場とお金の問題。

作家とお金の話をしたい。 その前に、現在、映画の世界はおかしなことになっている。 …

2013-06-04 17-24_1
旅:雨の唐津城へ行き、なぜかミニモニ。のバッチを買うのだぴょん。

先日、唐津へ行った折、唐津城へ行ってきた。 なかなかコアな部分をつく面白さだった …

「努力は必ず報われる」のか? という現代人の命題

こんにちは。めんどくさがり屋のタカオです。 「努力は必ず報われるのか」というのは …

どうやったら人を集めることができるのだろうか

まちづくりを学び始めてから、どうやったら人を集められるのだろうと考えたりします。 …

2014-04-03 07-28-0001
「あなたのことを知りません」から入る、コミュニケーションの極意。

ケンカしているとき「どうして理解できないのだろう」と思ってイライラしたりします。 …

#意識の高いデブたちの名言

twitterで「@意識の高いデブ☆」というハッシュタグを#意識の高いデブまとめ …

2013-04-25 20-44_1
コラム:わが心の乙女。男の中には乙女が潜んでいる。

僕の中には乙女がいる。 純真可憐な、おとぎ話のような、昭和の少女漫画のようなロマ …

20121215_kutuzoko_1
果たして本当に、ネタはそこらじゅうに転がっているのか。

ある日。歩いていると地面に靴底が落ちていました。 靴ではなく、靴底。 こういうの …

何といわれようとも夢を持つ友人を持った方がいい理由

当ブログは新米作家馬場貴生のブログを使った自分メディアです。ものづくりの中からの発見などを通じて、僕自身がステップアップしていくさまを発信していきたいと思います。

Copyright© mo! もあざん , 2014 All Rights Reserved.