mo! もあざん

当ブログは新米作家馬場貴生のブログを使った自分メディアです。ものづくりの中からの発見などを通じて、僕自身がステップアップしていくさまを発信していきたいと思います。

*

映画「ゴーバスターズVSゴーカイジャー」から、新戦隊「獣電戦隊キョウリュウジャー」を予想してみる。(少しネタバレ)

   

先日「特命戦隊ゴーバスターズVS海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE」を見てきました。
スーパー戦隊のVSシリーズの劇場版もすっかり恒例になりましたね。
ザンギャックと共に現れたゴーカイジャーの謎。ゴーバスターズのバディロイドとの絆。
ラストのロボ戦!
安定した作りで楽しめました。

20130121_kyouryuuja_1さて、内容に関してはDVDになった辺りで別にレビューを書きたいと思います。今回は劇中でお披露目となった「獣電戦隊キョウリュウジャー」についてです。これももはや恒例ですが、VSシリーズには次の戦隊がちらっと登場します。
仮面ライダーの劇場版もそうですよね。
劇中で活躍してくれるので、本放送に先駆けて新しい戦隊のバトルスタイルや、キャラクターなどがどういうものなのかと体感できるのです。

当然、パンフレットにも紹介してあります。
20130121_kyouryuuja_2「獣電戦隊キョウリュウジャー」
彼らは「獣電池」という電池型のアイテムによって戦う戦士たちとのこと。
獣電池を変身銃・ガブリボルバーに装填して変身。他にもさまざまな使用用途があるとのこと。

スーパー戦隊には過去にも「ジュウレンジャー」「アバレンジャー」と言う恐竜モチーフの戦隊がいました。
共にファンタジー設定を取り入れた戦隊で、その描き方は異なりますが、壮大な大河ドラマを主軸にもってきていてなかなかにシリアスでした。

そして「キョウリュウジャー」はどうなのでしょう。
「獣電」と電と言う字がつく辺りには科学的なものも感じますが。
パンフには各メンバーの設定が書かれています。

20130121_kyouryuuja_3各メンバーは各々違う場所でパートナーである獣電竜と出会い勝利し、キョウリュウジャーの力を得たと言います。そして「〇〇の勇者」を名乗るところを見ると、単に科学を恐竜に置き換えたのではなく、ファンタジー要素も絡んでくるようです。
さらにメンバーの設定年齢も幅広い。レッド20歳。ブラック23歳。ブルー32歳。グリーン16歳。ピンク18歳。
ブルーの年齢がすごいです。三十路過ぎてもヒーローになれます!世のお父さんたちは、頑張って息子さんのヒーローになってあげてください!
この年齢だけ見ても、ドラマに幅が生まれるのではないかとわくわくします。

ちなみに過去の恐竜モチーフの戦隊も恐竜は相棒のような関係でした。
「ジュウレンジャー」では主人公たちの守護獣として、仲間であると同時に彼らの導き手としての役割も担いました。
「アバレンジャー」ではそれこそ相棒で、彼らとの友情がいろんなドラマを生み出しました。

今回も恐竜は相棒となるようです。
どのように描かれるのか楽しみです!

「ジュウレンジャー」「アバレンジャー」もそれぞれ戦隊シリーズに革命をもたらした経緯があります。
「ジュウレンジャー」は戦隊で初めてのファンタジー作品だったし、「アバレンジャー」はレッドが姪っ子の親代わりとして「子育てするヒーロー」であった上に、4人目の戦士が敵側と言うのも衝撃。
さらに言うと、、二つの作品とも追加戦士には壮絶なドラマがありました。

追加戦士のデザインなどはすぐにネタバレするのでしょうが、展開などは放送を待たない限りわかりません。

個人的予想としては性善説を唱えながら、物語はかなりシリアスな方向に行くんじゃないかな。と思います。
レッドが明るそうなので。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 - 日々, 映画, 特撮 , ,

ad

ad

Comment

  1. [...] 予想してみる。(少しネタバレ). コメントをどうぞ. 先日「特命戦隊ゴーバスターズVS海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE」を見てきました。 スーパー戦隊 …(続きを読む) [...]

コメントを残す

  関連記事

2014-09-21 09-41-0005
映画100本宣言:77本目「トランスフォーマー ダークサイド・ムーン」

「トランスフォーマー ダークサイド・ムーン」(2011年)です。 トランスフォー …

2013-11-10 21-21_1
今、VHSで映画を観るということ。

友人からVHSのデッキを譲ってもらってから、映画ライフが充実しました。 DVDや …

2014-08-31 18-50-0004
映画100本宣言:70本目「MY HOUSE」

「MY HOUSE」(2012年) ちょっと変わった映画かもしれません。 しかし …

2014-01-03 10-16_1
映画100本宣言:2本目 フェデリコ・フェリーニ監督「道」

映画100本2本目。 フェデリコ・フェリーニ監督「道」(1954年) 言わずと知 …

a0960_003112
アンパンマンの絵本を欲しがっていた女の子は、パパに買ってもらえただろうか。

先日、本屋に行ったらアンパンマンの絵本を持った幼稚園児くらいの女の子……。 女の …

2014-02-03 12.35.02
見舞いの途中に、東長寺へ節分大祭へ立ち寄った。

先日、福岡大物で有名な東長寺で節分の大祭が行われており、見舞いに行きがけだったの …

20130208_1
三条陸・著「小説 仮面ライダーW ~Zを継ぐ者~ 」 仮面ライダーを小説にするという事。

「小説 仮面ライダーW ~Zを継ぐ者~」を読んだ。著者はテレビ本編でメインライタ …

2013-04-07 19-59_ooo_1
特撮:「仮面ライダーオーズ」。なぜ、ヒーローは戦わねばならぬのか。

ヒーローはどうして世界を守ってくれるのか?先日、「仮面ライダーオーズ」を見ていて …

2014-01-18 08-34_1
映画100本宣言:8本目 「アイアン・ジャイアント」 アメリカの巨大ロボットに((o(´∀`)o))ワクワク

ジュブナイル物は苦手なのだが、「アイアン・ジャイアント」(2000年・アメリカ) …

2014-06-14 20-06-0001
映画100本宣言:39本目「鴛鴦(おしどり)歌合戦」

「鴛鴦(おしどり)歌合戦(1939年)」です。 監督はマキノ正博。津川雅彦のおじ …

映画「ゴーバスターズVSゴーカイジャー」から、新戦隊「獣電戦隊キョウリュウジャー」を予想してみる。(少しネタバレ)

当ブログは新米作家馬場貴生のブログを使った自分メディアです。ものづくりの中からの発見などを通じて、僕自身がステップアップしていくさまを発信していきたいと思います。

Copyright© mo! もあざん , 2013 All Rights Reserved.